Interview

●『Weather Report』では、そういう手法も取っている。
井上:『Weather Report』は、すごく短い曲やインスト曲を流れでつないで1つの作品にして収録しているんです。彼らとだからできたことだと思います。
●一緒に作業をしている中で、メンバーとは色んな雑談をしたりもするんでしょうか?
井上:相変わらず雑談はあまりしないですね。僕はエンジニアとしての音作りの作業をしていて、彼らは録音する時以外も、時間があればずっと楽器を弾いています。それが終わっても、また違う練習を始めたりして。そういう感じでスタジオではそれぞれ音楽に集中しているので。すごく楽しみながらやっているし、リラックスもしているんだけど、作業自体はものすごく真面目ですね。
●作業中に煮詰まったりすることもないですか?
井上:ないですね。波多野は“瞬間を切り取る”という、レコーディングにおいて一番正しくて、昔からある“その場で音を録る”ということを大事にしていて。だから、煮詰まっていたとしても録るんですよ。それが良ければ、それで良いという感じで。じゃあ、いつ煮詰まっていたのかというのは本人にしかわからないけど、こちらとしては大抵問題なく進んでいくという印象ですね。
●録れなくて、そこで止まってしまうことはないと。
井上:そうですね。録れなかったら、録れないなりのアプローチをしてくるから。
●色んなアーティストにインタビューしている中では、“レコーディング当日まで歌詞ができていなかった”とか“現場でアレンジを考える”といった話も聞くんですが、そういうことはPeopleでは起こらないんでしょうか?
井上:もしアレンジができていなかったとしても、それはそれで楽しんでいるのかもしれない。歌詞ができていなかったことは今までなかったけれど、たとえば未完成のまま持ってきたとしても、実はもうその時点で波多野自身の中では割り切っていて、あえてその状態のまま出しているのかもしれないわけで。
●期限までにできたものを形にしていく。
井上:「できていない」と言ってきたことはないです。“ここまで”と決められたところまでには絶対に作ってくるので。
●そういう姿勢が特徴というか。

井上:それが“ミュージシャン”のあるべき姿だと、僕は思っているんです。だから、彼らはものすごく正しい道を行っていると思います。だいたいの時間は楽器をいじっているんじゃないかな。
●井上さんは他にもたくさんのアーティストを担当されていますが、その中でもPeople In The Boxというバンドは特殊なタイプなんでしょうか?
井上:ある程度、特殊です。商売っ気はもっと持っても良いかなと思うこともあるんだけど、そうなると良いところが変わっちゃうのかなとも思います。それに「現状のPeopleの音楽に変化が必要か?」と言われると、今のPeopleが大好きですしね。このままメンバーが50歳とか60歳になっても、音楽家として活動できるような場があれば、それは良いことだなと思っていて。そういう日本であって欲しいなとも思いますね。だけど、現状このままでいくとちょっとヤバいかもしれない(笑)。
●それはPeople云々ではなく、この業界自体が…という意味ですよね(笑)。
井上:もちろんそうです。逆に言えば、僕らもヤバいんですよ。だから、みんなで音楽を取り巻く環境を何とかしたいんですよね…。こういう活動をして、こういう見せ方をしている人たちが、ちゃんと紅白歌合戦に出たりしてくれたら良いなっていう。そこで生演奏しているのをおじいちゃん・おばあちゃんが観て、“何だかよくわからないヤツらだけど、カッコ良いな”と思ってくれるのが理想ですね。だから、“目指せ! 紅白歌合戦(笑)”。
●ハハハ(笑)。確かにPeople In The Boxが紅白歌合戦に出ているような日本であって欲しいですね。Peopleとは一緒に作業していて、やりやすいという感覚もあるんでしょうか?
井上:やりやすいですね。僕はいつも“自分なりに楽しい切り口を見つける”というふうに仕事しているので。たとえば“(メンバーの)誰かの出した音が面白い”とか“ここのベースラインが面白い”とか、そういう楽しみを彼らと見つけています。
●一緒に楽しみを見つけながら、関係も深まっていく。
井上:だから新人アーティストを担当する時も、新しい出会いは食わず嫌いせずにとりあえずやってみる。そしたら外面から見えていたものとは違った発見もあったりするし、一緒になってとことん掘り下げたり、新しい伸びしろを探したりっていう作業が好きなんです。
●そういう作業をPeopleともずっとしてきたわけですよね。
井上:そうですね。でも彼らはもう“巣立った”という感覚なので、このまま行ってくれれば良いなと思っています。あとは、やっぱり紅白歌合戦に出てくれれば良いなと(笑)。こういうバンドが紅白歌合戦に出ていたら、絶対にカッコ良いから。
Interview:IMAI
井上 うに
Recording Engineer
井上 うに
Uni Inoue
レコーディング&ミキシング・エンジニア。2016年は、People In The Box、赤い公園、出雲咲乃、桐嶋ノドカ、椎名林檎、林原めぐみ、FLOWER FLOWER 、やなぎなぎ、らを手掛けている。