Talk

――最初は叩くのでいっぱいいっぱいだった?
山口「いっぱいいっぱいでした。とにかく曲を覚えるのが大変で(笑)」
――曲が複雑ってことですか?
山口「小節数ですね。たぶん自分のバンドとは曲の構成がまるで違うというか、感覚で叩けるようになるのに時間がかかるんですよ。リスナーとして曲を聴いてるぶんにはスッて入ってくるのに、実際自分が叩こうとするとドラムパターンを覚えるのに苦労するっていう。それってたぶんドラマーが作る曲だからっていうのもあるのかもしれないし、そこがacid androidの面白さでもあると思うんですけど」
――今と昔ではこんなに違う、みたいなことってありますか?
山口「昔はとにかくクリックに意識を置いて演奏してましたけど、今はもっと自然に叩けるようになりましたね。クリックより自分の身体に曲を染み込ませることを徹底して。そうするとプレイにも硬さがなくなってきて、自分らしいフレーズがスッと出て来るんですね。そこが一番の違いかな。最初のリハは今でもガチガチですけど(笑)」
――そもそもクリックじゃなくて曲に合わせて演奏するものだろうし。
山口「yukihiroさんに『自分に寄せていいよ』って言われたのは確か最初のツアーの終わりだったと思うんですけど、そう言われてからクリックのボリューム自体が下がりましたからね。それまでは自分に寄せるんじゃなくて、決められたビートをちゃんと叩くことにものすごくエネルギーを使ってたんで。でも身体が曲に馴染むような向き合い方をしてからは、ホントに変わってきたと自分でも思います。あ、あとacid androidってけっこう日常生活に馴染む音楽っていうか、普段の生活の中で聴いてると印象が違いますよ」
yukihiro「そうなんだ」
山口「だから僕、acid androidはすごくポップな音楽だと思ってます(笑)。個人的な印象ですけど」
――大吾くんのプレイがacid androidの音楽に与える影響はありますか?
yukihiro「最近は制作の段階でも生ドラムは使ってないんですよけど、昔はCDの音源をライヴでしっかり再現するために、制作の段階でも生ドラムのパートを想定した作り方をしてたんです。だけど今はあまりこだわりはなくなってきていて、音源もそういう作り方に変わってきてますね。ライヴでのドラムは打ち込みのリズムパートを大吾君に聴いてもらってプレイしてもらっています」
――どうして変わってきたんですか?
yukihiro「例えばライヴ中の大吾くんのプレイに〈今、すごくビートにハマってるな〉〈今、キテるな〉みたいなものを感じる瞬間があるんですよ。そういうのってやっぱり楽しいじゃないですか」
――ライヴならではの醍醐味というか。
山口「僕自身、そういう感覚がある時は『今日良かったですよね?』ってステージ下りてすぐ聞きに行ったりしてます。でもそうじゃなくて自分でもよく分からなかった時はライヴ終わってしばらく時間経ってから聞きますけど(笑)」
――ではPeople In The Boxの音楽性に影響を与えてるところは?
山口「めちゃめちゃありますよ。波多野ちゃんには『ビートに締まりが出た』って言われますし。これまでもしっかり叩いてる意識でいたけど、意外とルーズだったんだなって。あと、キック、スネア、ハイハット。この3点だけでもっといろんなことが出来るんじゃないかって思うようになりましたね。例えばスネアは2拍4拍で入ってキックは1拍目に必ず入れるとして、じゃあハイハットでどこまで表現できるか?みたいな。そういうシンプルなセットでいろんなパターンに挑戦する意識があって。それはやっぱりacid androidの影響が大きいと思います」
――ちなみにacid androidとPeople In The Boxの共通点を挙げるとするなら、どちらも音楽に対してストイック、ということだと思ってるんですが。 
山口「自分ではあんまりストイックだと思ってないですね。いいものをもっと良くしたい、そういう気持ちでやってるだけで。昔は毎日スティックを握ってないと不安だったこともありましたけど、今は持たない日もあるし。そういう話、yukihiroさんとしたことありますよね?」
yukihiro「そうだね」
山口「前に『Peopleのメンバーってどうしてそんなに上手いの?』って聞かれたことがあって『いつも練習してないと不安なんです』って答えたんです(笑)。昔、バカみたいに個人練習をやってた時期があって、でもあんまり上達してる実感がなくて。単純に不安を解消したくてやってるだけだったっていう」
yukihiro「やっぱり人前で演奏するのは、僕も常に不安ですよ。その不安を解消したくて〈もっとやらなきゃ〉って思う。でも、一度自分をリラックスさせてからやってみると、今まで出来なかったことがいきなり出来たりすることもあって。出来るはずなのに出来ないと思ったり、〈出来なかったらどうしよう〉って不安に駆られたり」
山口「かといって演奏に慣れてくると、今度はヘンなミスをしてしまうこともあるし。だから慣れるのも良くないし」
yukihiro「演奏も雑になっていくし、それこそ忘れちゃうこともあるしね(笑)」
山口「そうなると僕はプレイがバラバラになっちゃいますね。それは……考えただけでも怖い(笑)。だから、こういう話がyukihiroさんと出来るっていうのは一緒にやらせてもらう立場としてすごくありがたいし、気持ち的に楽というか。ドラマーの心理を理解してもらえているので」
――ストイックになり過ぎず、かといって慣れ過ぎることもなく。そこの感覚が2人の中で一致しているから上手くいってるんでしょうね。
山口「何回やってもyukihiroさんと一緒は緊張しますけどね(笑)。でもそこがドラマーとして楽しいし、その緊張感を今は楽しめてます。毎回、僕の中でひとつ課題があって。機材を何かしら変えるとか、今までと違うアプローチでプレイしてみるとか。そうやっていつも何かしら自分に課題を作るようにしてます」
――大吾くんが関わるようになってacid androidはバンド感が増してきてるような印象があるんですが、いわゆるセッションプレイヤーではなくバンドマンにサポートしてもらってるところにその理由があるのかもしれないですね。
yukihiro「うん。探してる時も、あんまり外の仕事をしたことのない人がいいなと思ったんですよ。そういう仕事に慣れてる人だと『譜面をください』とか言ってきそうじゃないですか。でも『いや、譜面じゃないんだ。まずは曲を聴いてくれ』って思ってしまうので(笑)」
――(笑)では最後に、せっかくなのでお互い普段は言おうと思っても言えないことがあればぜひここでお願いします(笑)。
山口「そういうのって……やっぱり僕から言うんですよね?(笑)。ドキドキするなぁ」
――yukihiroさんに何か要望があれば。
山口「要望……あ、あります!」
yukihiro「あるんだ(笑)」
山口「いつも僕のことを〈山口くん〉って呼ぶんですよ、yukihiroさん。だいたい8割ぐらいは〈山口くん〉なんですけど、たまーに〈大吾くん〉って呼んでくれるんですね。なので、その割合を反対にして欲しい(笑)」
yukihiro「どこで切り替わってるんだろう?」
山口「こないだリキッドのライヴに土屋(昌巳)さんがいらっしゃったじゃないですか。で、土屋さんが楽屋で僕のドラムの話をしてくれた時に、離れた場所にいた僕をyukihiroさんが『大吾くん! 大吾くん!』って、ちょっと大きめの声で呼んだんですよ。それで〈えーーーーーっ!〉って(笑)」
yukihiro「(笑)」
山口「それが超嬉しかったんで、これからは〈大吾くん〉って呼んで欲しいなって」
yukihiro「ちょっと意識しちゃうな(笑)」
山口「言われる方もちょっと意識しちゃいますよね(笑)」
――yukihiroさんからは何かありますか?
yukihiro「えーと……〈大吾くん〉はね(笑)」
山口「ははははははは!」
yukihiro「Peopleは尖ってて面白いバンドだと思うので、このまま突き進んで貰いたいです。欲を言えば〈俺たち尖がってんだ〉っていうのをもっと出して欲しいですね。尖ってるけど尖ってないように見せるよりも」
――Peopleのどういうところに尖ったものを感じますか?
yukihiro「聴き心地はけっこう耳障りがいいじゃないですか。歌のテンションとか。でもよく聴くとすごく尖ってる。僕はそういう尖ってるバンドだっていうことをもっと知ってもらいたい(笑)」
――尖ってる部分をもっとアピールして欲しいと。
山口「嬉しいなあ、そんなこと言われたら」
yukihiro「もしかしたら尖ってる部分をあえて隠したいのかもしれないけど、本当はこんなに尖ってるんだぞ、って言いたい(笑)。だからこのジャケット(ベスト盤)とかもこういうちょっと滲んでるみたいなものじゃなくて、もっと刺々しいものにするとかね」
山口「次からそうします(笑)」
Interview : 樋口靖幸
yukihiro
L'Arc-en-Ciel
yukihiro
バンド結成25周年を迎えたL'Arc-en-Cielのドラマー。 1998年にL'Arc-en-Cielに正式加入。異彩を放つ音楽性でありながら、リスナーの感情に深く入り込むその楽曲が、圧倒的な存在感を放っている。 2001年からはソロプロジェクトとしてacid androidの活動をスタート、2012年からはMO'SOME TONEBENDERのkazuhiro momo、凛として時雨の345と共にgeek sleep sheepを結成し、 その多彩な音楽性を発信し続けている。 アナログシンセなど多数のハードウェア機材に囲まれたプライベート・スタジオも所有し、宅録にも造詣が深い。 L'Arc-en-Cielは4月8,9日に東京ドームにて「25th L’Anniversary LIVE」が決定している。

L'Arc-en-Ciel www.larc-en-ciel.com/
acid android  www.tracksondrugs.com/
geek sleep sheep geeksleepsheep.com/